2008年09月20日

北野武新作映画がゴールデン・アレクサンダー賞を受賞

北野武(ビートたけし)監督の映画『アキレスと亀』が
ギリシャの第49回テサロニキ映画祭で名誉賞に当たる
ゴールデン・アレクサンダー賞を受賞することが決まったそうです。


『おくりびと』
といい、今年の日本映画は当たり年かもしれませんね。

『アキレスと亀』は日本の映画館でも今日から封切となり、
東京・テアトル新宿では舞台挨拶もあったそうです。

大阪にも来てギャグで笑いをもたらしてくれないかな?

北野監督というと、どうも日本より、外国にファンが多いようで、
海外で、高く評価されていますね。

参考
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080920-00000009-vari-ent
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080918-00000002-cine-movi


posted by ichi at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。