2008年10月15日

中国製冷凍インゲンでも殺虫剤ジクロルボスが混入

中国製食品にはいろんな有害物質が混入し、被害が広がっていますが、
冷凍餃子から始まった毒物混入はまだ終わっていないようですね。

今度はニチレイフーズが中国から輸入した冷凍食品「いんげん」から
高濃度の農薬が検出されました。
イトーヨーカ堂ではすでに発売中止にしているそうです。

今回、検出された農薬ジクロルボスは6,900ppmと高濃度で、
人為的としか考えられませんね。

ジクロルボスが6,900ppm検出された冷凍いんげんを、
体重60kgの人が約0.07g摂食すると、
ヒトの24時間又はそれより短時間の経口摂取により
健康に悪影響を示す可能性があるという
「急性参照量」に達するそうです。

こんな騒動があっても「ニチレイフーズ」は
煙台北海食品の商品を売り続けていくそうです。
どこから、安全確認の自信が?
責任は取れるんでしょうか?


参考
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081015-00000119-jij-soci

posted by ichi at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。