2008年11月18日

皆既日食ブーム鹿児島・十島村に到来

皆既日食のなかでも今世紀で世界最長なのが
日本で観測できるそうです。

今世紀最大の皆既日食は2009年7月22日。
鹿児島県十島村は「世紀の皆既日食」目当ての
観光客が殺到する見込みだそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081115-00000003-nnp-l46

世界の天文ファンらの注目が人口620人の
トカラ列島に集まっています。

皆既日食を国内の陸地から見ることができるのは46年ぶりで、
トカラ列島では最長6分25秒観測できるそうです。

ツアー業務を委託された近畿日本ツーリストによると、
ツアーの受け入れ人数1500人に対し、
国内外から約2万2000人の参加希望が寄せられているそうです。

皆既日食観測ツアーの競争率は10倍以上になりそうですね。

ちなみに料金はフェリーなどを使うコースが
34万2000〜41万7000円、
クルーズ客船は60万〜142万8000円だそうです。

海外旅行よりも高いくらいですが、
天文ファンには魅力なんでしょうね。


posted by ichi at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。