2008年11月19日

ボージョレー・ヌーボー解禁間近

ボージョレ・ヌーボー、今年は収穫が少ない分、
味や香りが濃縮された良いワインに仕上がったというのに、
フランスからワインの輸入量は減少しているそうです。

ボージョレ・ヌーボーの解禁がもっとも話題になった
2004年の104万ケースに比べるとほぼ半減だそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081118-00000013-maip-soci

ボージョレ・ヌーボーの宣伝もあまり見ませんよね、そういえば・・・。

ワインメーカーは食品会社との連携を進めているそうです。
メルシャンはハウス食品と組み、全国のスーパーなどで
ボージョレーヌーボーに合うシチュー製品と一緒に陳列するらしいです。

サントリーは日清フーズや日本ハムなど食品大手4社と組み、
ボージョレーヌーボーとパスタやピザとの組み合わせを提案するんですって。

ボージョレー・ヌーボー解禁日のお祭り消費ではなく、
もっと、一般家庭に根付いて欲しいという狙いなんでしょうね。


posted by ichi at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック