2008年12月08日

北京の冬は犬肉シーズン

中国の人の食材は幅広いって言いますよね。
4つ足のものは机以外はなんでも、
飛ぶものは飛行機以外なんでも食べるとか・・・。

北京五輪の前には、中国当局が北京市周辺の
レストランに対し「犬肉」の購入や客への提供を
禁止する通知を出して話題となっていました。

禁止の理由は「多くの国で犬を食べる習慣がない」
ことだったようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081208-00000517-san-int

ところが、オリンピックも終わり、
犬肉は完全に北京市民の食卓に戻ったようです。

ちなみに中国語では犬肉のことは
「狗肉」と書くようです。

結局、オリンピック前に外国の動物愛護団体からの
批判をとりあえずかわしたかったということらしいですね。

食文化はそう簡単にはかわらない、ということなんでしょうね。


ラベル:北京 犬肉
posted by ichi at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。