2009年01月11日

ヒアルロン酸のしわ取り自己注射で後遺症

ヒアルロン酸は関節や真皮に含まれ、
保湿成分として優れているのは知っていました。

美容クリニックなどで、しわの下に注射して目立たなくさせる
美容法があることも聞いたことがあります。

ただ、ヒアルロン酸注射は即効性はあるけど持続性に乏しく、
効果を持続させるには約半年ごとの注射が必要だとか・・・。

費用がかさむため、インターネットで購入したヒアルロン酸を、
自分で顔などに注射する行為が広がっているそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090110-00000101-mai-soci

日本美容外科学会では後遺症例もあり、
「素人は絶対にやめるべきだ」と呼び掛けているそうです。

クリニックで使用していたものと同じメーカーのヒアルロン酸を、
香港の輸入代行業者を通して1個約2万円で2個購入し、
備え付けの注射器を使い、自分のほおや目の下に注射した女性が
後遺症例として報告されています。

「失敗しても半年で元に戻る」と考えていたが、2、3カ月後、
注射した部分の一部が膨らみ、しこりになり、
クリニックでヒアルロン酸を分解する注射を打ったが
しこりはなくならず、その後、皮下にひきつれが起きる
「異物肉芽腫症」と診断されたそうです。

完全に元に戻すことは難しく、
女性は「すごく後悔している」と話しているようです。

費用がかさむし、半年しか効果が持続しないならって
気持ちはわかりますが、
これは医療行為だと思いますし、後遺症が一生残るのは悲惨ですよね。

ヒアルロン酸ではなく持続性を考えるなら
美容整形とか考えた方が良いのかも・・・。

posted by ichi at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。