2009年06月03日

シルクの掛け布団を買いました

シルクの布団を買っちゃいましたよ。
中国に行ったときに、絹工場の見学で
みんなが買っていたシルクの布団。

中国では買わなかったけど、
実はずーっと気になってたんです。

調べてみると、日本ではシルクの布団のことを
真綿の布団って言うんですね。

真綿って絹のことって知ってました?
絹って蚕の繭から作るのは有名ですが、
蚕のマユを引っ張って布状に伸ばしているのを
特に手挽きと呼んでいるようです。

手挽きの真綿布団が高級っていうことですね。
皇室に愛された幻の繭小石丸 極上入金真綿ふとんは、
なんと3,150,000円ですって。
315万円・・・、
どんな人が買うんでしょうね?

私のような一般小市民には、税込、 送料込で
7,980円 の手引き真綿掛布団の方が現実的です。(^^;

シルクの布団ってあんまり聞いたことがなかったんですが、
軽くて柔らかく、自然にからだにフィットし、
保温性にも優れているらしいのです。

シルクは天然繊維の中では最も長くて細く、
これをわた状にした真綿は軽くて柔らかく、
からだへのフィット感が抜群のため、
寝返りをうってもからだにまとわりついてくるんですって。

保温性は羽毛布団の方が良さそうですが、
吸湿・放湿性に優れているため、
肌を心地よく保ち、ムレを防ぐのが特徴なんですよ。

真綿の吸湿性は綿の1.3〜1.5倍もあり、
また、綿が60分で放出する水分量を40分で放出するので、
皮膚から発散される汗や熱をよく吸収し、
すばやく外に出すため、爽やかでムレないのが良いですよね。

私が欲しかったのはちょうど、夏用の肌布団だったんですよ。

軽くて蒸れないが決め手になって買っちゃいました。♪

そうそう、繊維がとても強いのでほこりが出にくいし、
静電気が起こりにくいのでアレルギーの原因になる
ほこりもよせ付けないそうですよ。

今から届くのが楽しみです。(^^)



posted by ichi at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120773523
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。