2009年06月28日

世紀の皆既日食を体験しましょう

2009年7月22日、日本で46年ぶりとなる皆既日食がやってきます。

ただし、日本で皆既日食が見られるのは奄美大島北部、トカラ列島、
屋久島、種子島南部など、皆既日食帯と呼ばれる細長くのびた
地域・海域内だけとなります。

何が世紀の皆既日食なのかというと、その長さです。
通常の皆既日食は数十秒からせいぜい2、3分程度なのですが、
今回の皆既日食は一番長く観測できるトカラ列島では、
5分40秒〜6分20秒台という稀に見る皆既時間になるそうです。

場所によって皆既日食の時間は少しづつ違うんですね。

皆既日食ツアーの申し込みをしていない方、
まだまだ、完売していないツアーもあるようですよ。

ただ、日本国内は旅行代金が30万以上と
けっこう高くつくみたいですね。
泊まる場所も、人口の少ない島ですから、民宿も少なく、
学校の体育館とかになりそうですので、
あんまり期待しないでくださいね。
あくまで、メインは皆既日食の観測なんですから。

中国の上海でも5分程度の皆既日食が見られるそうなので、
こちらの方が安くて経済的かも。
でも、中国は大気汚染の影響もあるので、
ちゃんと見られるかはわかりませんけどね。

旅行に参加できなくても、
皆既日食は無理ですが、部分日食は観測できるみたいです。

東京では9:55から最大で7割程度欠けるようです。
最大食は11:12頃、12:30には終了するようです。

大阪では9:46から最大で8割程度欠けるようです。
最大食は11:05頃、12:25には終了するようです。
ただ、太陽光が強く、肉眼ではまぶしくて
欠けていることは確認できないみたいです。

気温が下がったり、暗くなったりするのは
九州でも南の方にいかないとダメみたいですね・・・。

そうそう、太陽光を直接見ると目を痛めたり、
最悪の場合失明したりする危険性があるので注意しましょうね。

観測には日食グラスや遮光板を使うようにしましょう。

★日食観測グッズいろいろ
日食グラス1 日食グラス2 日食グラス3

日食グラス4 日食グラス5

天体望遠鏡 ソーラースコープ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090624-00000509-san-soci


posted by ichi at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122418702
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。