2008年12月08日

北京の冬は犬肉シーズン

中国の人の食材は幅広いって言いますよね。
4つ足のものは机以外はなんでも、
飛ぶものは飛行機以外なんでも食べるとか・・・。

北京五輪の前には、中国当局が北京市周辺の
レストランに対し「犬肉」の購入や客への提供を
禁止する通知を出して話題となっていました。

禁止の理由は「多くの国で犬を食べる習慣がない」
ことだったようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081208-00000517-san-int

ところが、オリンピックも終わり、
犬肉は完全に北京市民の食卓に戻ったようです。

ちなみに中国語では犬肉のことは
「狗肉」と書くようです。

結局、オリンピック前に外国の動物愛護団体からの
批判をとりあえずかわしたかったということらしいですね。

食文化はそう簡単にはかわらない、ということなんでしょうね。


ラベル:北京 犬肉
posted by ichi at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

裁判員候補者、通知の受け取り拒否

裁判員制度の定着には時間がかかりそうですね。

制度について意欲的な人もいるようですが、
理解されていないところも多いようです。

裁判員候補者に最高裁から郵送されてきた通知を開封せず、
送り返すケースがあったそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081205-00000046-yom-soci

ただ、通知の受け取りを拒んでも、
裁判所からの呼び出しが免除されることはないそうで、
辞退を希望する人は調査票へ辞退を希望する時期を書いて
返送する必要があるようです。

面倒なことには巻き込まれたくない、
見なかったことにしようという今の風潮なのかもしれませんね・・・。

posted by ichi at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

ジャガイモからラーメン?

ジャガイモのでんぷんやマツタケなど無公害農水産物を原料にした
「ソンイ(マツタケ)ラーメン」を販売するなんて、
すごい発想ですよね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081201-00000032-yonh-kr

ジャガイモにマツタケ?
それがラーメンに???
一体どんな味なんでしょうね?
そして、気になるのはその価格ですね。

ちなみに、これ北朝鮮の話なんですが、
北朝鮮は住民への大量供給と外貨稼ぎを目的に
ラーメン工場の建設するんですって。
1日最大1000万食を生産でき、そのうち半分は
北朝鮮住民への供給用に、残り半分は
韓国などに輸出する予定だそうです。

食糧難克服策らしいですけど、
ちゃんと一般市民の口にまで入るんでしょうか・・・。


posted by ichi at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

裁判員候補者に通知

裁判員制度が2009年5月に開始されますが、
裁判員候補者に通知が届き始めたようです。

裁判員候補者に選ばれたのは全国約29万5000人にも上ります。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081130-00000005-yom-soci

今回の通知は翌年に裁判員になる可能性があることを事前に伝え、
心づもりをしてもらうために送ったもので、この時点ではまだ、
裁判員に決定してわけではないようです。

また、一部、辞退も認めているようです。

辞退が認められる例としては、
70歳以上の人や学生や生徒、重い病気やけが、
親族らの介護や養育、妊娠中や産後など
やむを得ない理由となっています。

単に仕事が忙しいだけでは辞退できないみたいですね。

法律の専門家でもない一般の人が、
有罪無罪を決めるだけでなく、
量刑まで決めるのはちょっと
無理があるような気がするんですけどね・・・。


posted by ichi at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

「ヴァーチュ」とはノキアの高級携帯電話ブランド

携帯電話端末の世界最大手メーカーのノキアは、
富裕層向け高級ブランド「ヴァーチュ」を日本でも発売するそうです。

不景気なんか吹っ飛ばせな企画ですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081129-00000000-sh_mon-bus_all

「ヴァーチュ」は、富裕層向けの高級携帯電話ブランドとして、
フィンランドの携帯電話端末メーカーのノキアが欧州、アジア、
中東、アメリカ諸国で展開しています。

何が高級ブランドなのかというと、なんといっても
特徴はその価格です。

ヴァーチュの携帯電話は、ハンドメイド加工やダイヤモンドなどの
宝石やプラチナ、金などをちりばめた豪華なデザインを採用しており、
価格は数十万円から数百万円にも及ぶことで有名な
ラグジュアリー携帯ブランドなんです。

日本で発売する予定の「VERTU Signature」は、
ステンレス(160万円)、イエローゴールド(450万円)、
ホワイトゴールド(500万円)の3タイプだそうで、
到底一般庶民には手の届かない携帯端末ということです。

ヴァーチュの携帯電話端末のもう一つの特徴は、
必ずコンシェルジュボタンが配置されていて、
ユーザーはボタンを押すだけで専用のコンシェルジュに
電話がつながり、24時間体制でさまざまなサービスを
受けることができるというのもウリのようです。

それにしてもこんな高級携帯電話、
一体どれくらいの人が買うんでしょうね・・・。

posted by ichi at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。