2009年08月25日

フリーカフェ播磨屋ステーションは大繁盛

先日、大阪心斎橋そごうの
カウントダウン閉店セールに行ったついでに、
フリーカフェ播磨屋ステーションの御堂筋店に寄ってきました。

オープンしてから約一ヶ月、
時間帯によるのかもしれませんが、
ずいぶん混雑していましたよ。

ちょうど、お昼過ぎだったのですが、
ほぼ満席で、立ってる人もいるくらいでした。

私は一人だったのですが、
ちょうど席が空いたので座れました。

しばらくして、見知らぬ人が無言で相席に。
別に良いけど、
「一言あっても良いんじゃない?」
って思っちゃいましたね。(^^;

「ここ、空いてますか?」って聞いてくれれば、
気持ちよく座ってもらえたのになんか残念ですね・・・。

もちろん、今回はオレンジジュースを飲みましたよ。
よく冷えてて美味しかった。(^^)

そして、おかわりはコーヒーをいただきました。
オレンジジュースは一気飲みに近かったかも。
無料でこういう休憩スペースがあるのは嬉しいですね。

おかきも取り放題なので、
好きなのを選んで食べてきました。
ちょっと小腹が空いてたので特に美味しく感じました。

お煎餅のおかわりをしているらしい人がいましたが、
お煎餅のおかわりはダメなので、気をつけましょうね。

朝方だったら空いてるのかなぁ・・・。

posted by ichi at 22:42| Comment(2) | TrackBack(0) | スイーツ・お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

心斎橋そごう閉店売りつくしセールに行ってきました

大阪市のそごう心斎橋本店は8月31日に閉店することになりました。

前から売りつくしセールを行っていたのですが、
いよいよセールも架橋に入り、
カウントダウン閉店売りつくしセールを開催しています。

入り口に閉店カウントダウンボードが設置され、
いよいよ閉店間近なんだなぁと実感しちゃいます・・・。

だんだん値引きされていくらしく、
日替わりで特価品も用意され、多くの人で賑わってました。

この週末は記念品ということで先着600名様に
お箸が配られるということで、
開店前から行列が出来ていましたよ。

ちゃっかり並んで、竹のお箸をゲットしてきました。

この日のお目当ては売れ残ったお中元のバラ売り。
かなり安いと聞いていたので、
どの程度特売なのか楽しみにやって来ました。

地下の特設コーナーで、ジュースやハム、
お米や醤油、鰹節などなど、いろいろ並んでましたよ。

そして、私の目に留まったのはやっぱりスイーツ!(笑)
和菓子系では水羊羹とか、くずきりゼリー、あんみつなど
和の冷菓の詰め合わせが半額!

洋菓子系ではプリン、チーズケーキや
各種ゼリーなどの洋風冷菓の詰め合わせがこれまた半額!

もう、目移りしちゃいましたね。
持って帰るには重いものばかりですが、
市内は200円で配送してくれるとか。

お好きな方はぜひ閉店までにそごう心斎橋本店に行ってみて下さいね。



posted by ichi at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | スイーツ・お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

フリーカフェ播磨屋ステーション 大阪御堂筋に行ってきました

おせんべいとドリンクが無料で楽しめる
フリーカフェ播磨屋ステーションが大阪御堂筋にオープンしました。

興味心身でフリーカフェ播磨屋ステーション 大阪御堂筋に
行ってきましたよ。

本町から少し北に向かった御堂筋沿いにオープンしていました。
スターバックスを思わせるようなロゴがお出迎えしてくれます。
ロゴの色が紫というか小豆色なのが和な感じですね。(笑)

まず、入るとトレイに紙コップと小皿をひとつづつ取ります。
おかきバーは小さめの円卓の上に並んでいました。
よくあるお土産屋の試食のような感じでしょうか?

梅酒を漬けるときのような大きなフタ付きの透明なガラスの入れ物に
おかきがいっぱい入っていて、円卓を囲むように丸く8種類くらい
おかきやおせんべいが並べられています。
おかきとおせんべいの違いって良くわからないのですが、
大きさなのかなぁって、勝手に思ってます。(^^;

で、小皿に好きなおかきを取っていくのですが、
こぼれるほど取らないようにと注意書きが。
さらに、おかきを取るのは一度きりでお替りできません。
全種類制覇したかったのですが、
さすがに全種類はこぼれそうだったので、
厳選しておかきをいただきました。

中にはすごい技でてんこ盛りにしている男子も・・・。
かなりの通とお見受けしました。(^^;

ドリンクはホットコーヒー、紅茶、水、オレンジジュースがあります。
こちらはお替り可能なようで、お替りしている人も多かったです。
コップを受け取るとすぐのところにホットコーヒーがあり、
入れてから奥にオレンジジュースがあることに気付きました。

時、すでに遅し・・・。
コップは一人一個なので、飲み干さないとお替りは出来ません。
この暑いのに、ホットコーヒー一気飲みは無理です・・・。
本当はオレンジジュースで一息ついてから、
ホットコーヒーとおかきを楽しみたかったのに。
御堂筋店に行かれる方は気をつけましょうね。(笑)

おかき、本当に美味しかったです。
会社が近かったら毎日でも通ってしまうかもしれません。
意外と空いてたのは出来たばかりのためかもしれませんが、
週末より平日の方が混んでいるようです。
営業周りのサラリーマンが休憩所として利用するのでしょうか?
でも、わかる気がします。

なかではおかき、おせんべいの販売もしていて、
買って帰っている人もチラホラいました。

フリーカフェ播磨屋ステーションは明るく大きなスペースでしたよ。

近くまで来たら、また寄ろうと思います。


★播磨屋本店の代表的なおかき、おせんべいの紹介

○朝日あげ
キャッチフレーズは「ほっぺた落ちる」。
最高の原料、最新の技術と真心、そして揚げたて。
さし昇る朝日のようなさわやかでまあるい味わいです。

○御やきもち
良質のもち米に希少で高価な丹波黒大豆をたっぷりと搗き込んだ、
しみじみと懐かしい味わいのおかきです。
現代人がどこかに置き忘れてきてしまった、やさしく温かい
日本伝統の真心がしっかりと息づいています。

○はりま焼
関東のせんべいは武家文化の伝統を受けて男性的な食感と味付けです。
一方上方(関西)のそれは、公家文化の伝統を受けて
女性好みの食感と味付けになっています。
さくさくと軽い歯ざわりと、京風のはんなりした
やさしくマイルドな味わいをお楽しめます。

○華麗満月
ご存じ朝日あげのカレーバージョンです。
しっかりとおいしい日本一の揚せん生地に、
これまたしっかりとおいしい本格和風カレーがベストマッチです。

○助次郎
かまどで炊き上がったごはんをおひつに移したあと、
羽がまにこびり付いたこげめしのおにぎりのおいしかったこと。
あの感動をぜひとも再現したい。そんな熱い思いの結晶です。

○のりおかき
四万十川の青のりを入れて作られたおかきです。
天然青のりの深く豊かな香りと味を存分に楽しめます。

○おかき皇
食べ物の内部に含まれる水分を、電気エネルギーで直接過熱すれば、
こんな分厚く大きなおかきも、
芯までふっくら焼き上げることが出来ます。
豊かなもち米の風味に一層のコクと深みを与える昆布のうまみ。
さっくり軽い歯ざわりとともにを存分に楽しめます。

○童げんこつ
おかきは上質なものほどかたいと言われ、
げんこつを最上ランクとします。
そんな最高級おかきのげんこつを、現代人好みにやさしく軽やかな
歯ごわれに改良し、その名もかわいらしく童(わらべ)げんこつと
名付けられました。
カリッカリッと軽やかにはじけるようなおいしさ楽しめます。

○淡味ごのみ
健康のために、塩分や糖分や油分を
制限している人が増えてきています。
また昔日の素朴なおかきを懐かしむ声も少なくありません。
キャッチフレーズそのままの「淡い味つけ深い味わい」を楽しめます。

・まめかきもち
まめはもちろん、ご存じ丹波の黒大豆です。
ほくほく軽い歯ごわれと圧倒的なおいしさが特長です。
風味向上と豆の抜け落ち防止のために、
微量の紅花油でサラダ仕上げにしました。 ・

・のりかきもち
日本一香り高くおいしいと言われる、
高知県四万十川河口産の天然青のりをたっぷりと搗き込み、
その香りと風味を最高に生かすために、
あえて素焼き仕上げにしています。

・ごまかきもち
白ごまは鹿児島産、黒ごまは熊本産、いずれも契約栽培した
大変希少で高価な国産品です。
その微妙な風味のちがいを実感してもらうために、
あっさり軽い紅花油でサラダ仕上げにしました。 ・

・さとうかきもち
高級和菓子用として有名な、
阿波徳島特産の和三盆糖を搗き込みました。
和三盆糖は、古来から伝わる日本独特の手作り製法による
大変貴重な純国産砂糖です。控えめで上品な甘さが特長です。

○コウノトリ煎餅
有馬温泉の名物、炭酸源泉水を仕込み用に使った炭酸せんべいです。
結婚や出産、その他各種慶事の贈り物として幅広くご利用ください。

○コウノトリの福袋
全部で24種類のミニサイズあられを、
組合せいろいろに10個ずつ小袋包装しました。
今度はどんな口福が味わえるか、
そんなわくわくする大きな幸福を堪能できます。

・豆名月
豆はもちろん丹波黒大豆。おかきとの相性の良さは、
御やきもちで皆様ご存じのとおりです。

・童げんこつサラダ
大きさも堅さも、どこか愛らしいので童げんこつ。
静岡駿河湾産のサクラエビがかくし味です。

・童げんこつ醤油
いくら愛らしくてもげんこつはげんこつ。
かわいいやさしいカリカリ感をどうぞお楽しみください。

・童げんこつ生姜糖
伊勢名物の生姜糖。遠い昔の修学旅行を思いつつ、
どうぞまぶたを閉じてお召し上がりください。

・一口揚せん醤油
ご存じ朝日あげの一口サイズです。
サクサク感とやさしい上品なおいしさをお楽しみください。

・一口揚せんカレー
同じく華麗満月の一口サイズです。
本格和風カレーのあとを引くおいしさをお楽しみください。

・一口揚せんトマト
揚せんとトマト?ミスマッチに思えますが、
これが意外といけるんです。どうぞお試しください。

・一口揚せんキャラメル
洋菓子ながら、今ではすっかり日本化したキャラメル。
揚せんにも見事にベストマッチです。

・一口揚せん黒砂糖
なぜかほのぼのと懐かしい香りと甘さ。
黒砂糖特有のノスタルジックな風味をお楽しみください。

・昔ながらの品川巻
江戸時代、品川沖で採れた浅草のりを巻いたあられが品川巻。
本物の品川巻をご賞味ください。

・しその香巻
塩漬けのしその葉を乾燥粉末にしてまぶし付けました。
海苔の香とのコラボをお楽しみください。

・紅梅しぐれ
梅の花型のあられを、梅干しの乾燥粉末で調味しました。
紅梅見立てのイキをお楽しみください。

・さくらサクラあられ
静岡駿河湾産サクラエビをつき込んださくらの花型のあられ。
命名の妙共々お味わいください。

・千枚あられ氷砂糖
ザラメではなく、あえて氷砂糖を使いました。
妥協を許さぬ職人魂のガンコさをご賞味ください。

・千枚あられ黒ごま
特殊焼きでしっかりとおいしい千枚あられだからこそ、
黒ごまの風味と引き立て合えるのです。

・千枚あられマヨネーズ
香ばしいあられの風味とマヨネーズの酸味。
ちょっとモダンなサラダ感覚をお楽しみください。

・千枚あられわかめ
春の海ひねもすのたりのたりかな。
そんな海の春景を思いつつ、磯の香りをお楽しみください。

・ピリ辛こしょう
パリッパリッと歯ごわれ痛快なうすやきに、
黒こしょうのピリ辛パンチが見事にベストマッチ。

・ツン辛わさび
パリッパリッと歯ごわれ痛快なうすやきに、
わさび醤油のツン辛パンチが見事にベストマッチ。

・カレーリーフレット
日本人は誰も皆、カレーライスが大好きです。
カレーとライスのベストマッチをご賞味ください。

・青のり若葉
美しい海山川の四国産天然青のりをつき込みました。
豊かな香りと鮮やかな緑をご賞味ください。

・一口草加せんべい
一口サイズながら、ものの見事に草加せんべいです。
特殊焼きの真ずいをどうぞご賞味ください。

・一口草加氷砂糖
隠れ人気商品の一つ氷砂糖せんべいの一口サイズです。
びっくりの旨さをご堪能ください。

・一口草加のり吹雪
回転ドラムの中で吹雪のように振りかける刻みのり。
そんな光景を連想しながらご賞味ください。



posted by ichi at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | スイーツ・お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

播磨屋ステーションが大阪の御堂筋にオープン

播磨屋ステーションが大阪の御堂筋にオープン

あの、おせんべいが無料で食べられるということで話題になった、
フリーカフェ播磨屋ステーションがついに、本日、
大阪の御堂筋にオープンしました!

場所は本町の近くだそうです。

知らない人のために、「フリーカフェ播磨屋ステーション」とは・・・

商品購入の有無・国籍・老若男女の別なく、
いつでも誰でも何回でも、全くフリーに利用できます。

挽きたて入れたての本格的なコーヒー・紅茶・ほうじ茶・ジュース等の
「ドリンクバー」はもちろんのこと、
日本一おかき処播磨屋本店自慢のおかき・せんべいがずらりそろった
「おかきバー」までがフリーサービスです。

なんとも魅了的ですねぇ・・・。
是非、一度見学、いや体験に行かなければ。

でも、大阪で無料バーって大丈夫かなぁ・・・。
なんとも、あつかましい遠慮知らずの人もけっこういますよ。
大阪は安いとか、タダとか、大好きな人種が多いですからね。

節度ある利用で、長く運営して欲しいですね・・・。


posted by ichi at 23:44| Comment(0) | TrackBack(1) | スイーツ・お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

北海道のお土産は生キャラメル

北海道といえば、やっぱり生キャラメル
そして、旭山動物園ですよね。

先日、知り合いが北海道旅行に行ってきました。
定額給付金プランなのか、格安旅行だったようです。

お土産に生キャラメルをいただきました。

人気の花畑牧場の生キャラメルは
どこにでも売っているわけではないらしく、
売ってなかったということで、
違う生キャラメルを買ってきてくれました。

ただ、聞いていた生キャラメルとはなんか違う感じでした。
ただの柔らかいキャラメル?
口の中に入れた瞬間溶け出すって感じではなかったですね・・・。

やっぱり、花畑牧場の生キャラメルはまだ品薄なのかなぁ。
ネットショップで買うのが手堅いのかもしれませんね。

そういえば、家庭で手軽に作れる
生キャラメルポットっていうのがあるみたいですね。

いっそ家で自分で作ってみますか?(笑)


花畑牧場の生キャラメル 生キャラメルポット

花畑牧場の生キャラメル2




posted by ichi at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | スイーツ・お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。